赤ちゃんのためのウォーターサーバー選び

赤ちゃんにウォーターサーバーの水を飲ませるときには、衛生面に注意しなければなりません。


通常、ウォーターサーバーに使う水には不純物が含まれません。殺菌作用のある塩素も含まれません。

産経ニュースの情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

その分細菌の繁殖能力は高くなってしまいます。


また、ボトル交換時に外の空気がそのまま入るようなサーバーは、衛生面に不安が残ります。

定期的なメンテナンスにより衛生管理がなされるかどうかも大切なことです。



以上のことを踏まえて、赤ちゃんが安心して使えるウォーターサーバー選びのポイントを挙げてみます。
第一に、クリーニング機能の有無です。

サーバーの中に細菌が入ってしまうと、すぐに増殖します。


そんな場合に備えて、内部を自動で浄化する機能を持つものを選ぶべきです。

第二に、サーバー内に外気が入らない構造かどうかです。そもそも外気が中に入らなければ、細菌繁殖のリスクは大きく低減できます。
ボトル交換時に空気をろ過したり、空気を殺菌したりできるサーバーならば、安全性は確保できるはずです。



第三として、赤ちゃんが操作できないことを挙げておきます。歩き始めたばかりの子供がむやみにサーバーを触ってお湯が出てしまうと危険です。


無駄な水を流すことにもなります。


チャイルドロック機能のあるサーバーで、こうしたトラブルを避けましょう。

最後に、ウォーターサーバーの中にはHACCPを取得しているものがあります。


これは厚生労働大臣が承認する、徹底した衛生管理がなされていると証明するものです。
サーバー選びの際には、このHACCPをキーワードに探してみると良いのではないでしょうか。